カジノル

日本のカジノ動向をわかりやすく丁寧に説明

ギャンブル依存症の治療について調べてみた

      2014/10/08

room

前回、ギャンブル依存症とは、どのような症状が出て、周りへの影響について説明しました。今回は、ギャンブル依存症は治すことができるのか? 治療法について調べてみました。

Photo:McCarthy Meeting Room A / chelmsfordpubliclibrary

ギャンブル依存症の治療法

ギャンブル依存症は、風邪などのように薬を飲んで体を休めれば治るという類の病気ではないため、現在の時点では、ギャンブル依存症から完全に回復させる治療法は見つかっていません。

現時点での最も有力な治療手段は、カウンセリングを用いた心理療法。しかし、まだ治療方法が確立されていないため、様々な意見があり一概にカウンセリングすれば治っていくという話ではなさそうです。主な治療法としては、

  • 1対1のカウンセリング
  • グループカウンセリング

この2つを組み合わせて行うことが多いようです。1対1のカウンセリングで、生活習慣の改善、ギャンブルを絶つための支援。

グループカウンセリングは、自助グループで行われます。同じ苦しみを味わっている(味わった)ギャンブル依存症同士が集まって、自分の体験を語り参加者と共有したり、既に回復途上の人からアドバイスなどが話し合われます。

 

自助グループ

自助グループとは、同じ体験をした人たちが集まり、依存症などの自らが抱える問題を語り、乗り越えるために集まるグループです。

 

最後に

ギャンブル依存症の患者は、長い時間をかけ自らギャンブルを絶ち、再び平和な日常生活を取り戻す努力をしていきます。しかし、ギャンブル依存症は完全に治ることはなく、常に再発する危険と隣合わせです。街なかにはパチンコがいたるところにあり、TVではCMが流れとギャンブルへの誘惑が多く、回復することは簡単ではないようです。

日本でのギャンブル依存症の認知度は低いため、ギャンブルで作った借金は自業自得で同情する必要はないという風潮です。これはギャンブル依存症の当事者も同様で、全て自分の責任と背負い込み、最悪の場合は自殺まで追い込んでしまいます。

カジノ解禁するしないに関係なく、多くの人がギャンブル依存症とは、どのような病気なのかを理解して、そのために必要な支援や予防教育を考えていく必要がありそうです。

参考文献

あわせて読みたい

ギャンブル依存症とは、どんな病気なのか

カジノ解禁反対!日弁連のシンポジウムに行ってきた

更新情報はこちらから



follow us in feedly

 - ギャンブル依存症

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

  関連記事

slot3
ギャンブル依存症とは、どんな病気なのか

カジノ解禁に向けてひた走る日本ですが、カジノ解禁を反対する人たちは「ギャンブル依 …