カジノル

カジノゲーム、海外のカジノ、日本のカジノ動向をわかりやすく説明

いま、カジノ誘致を目指している自治体はここだ!

      2014/10/13

通常国会でIR推進法案(カジノ法案)が審議入りし、カジノの誘致を目指す自治体の動きも活発になってきたので、下の記事に情報をアップデートしました。

あなたの街にもカジノ?カジノ誘致に動いている自治体

以下は、2014年2月までの情報です。

昨年の2013年12月に自民党、日本維新の会、生活の党の3党が国会に「カジノを中心とした統合型リゾート(IR)の整備を政府に促す推進法案(カジノ法案)」を提出しました。そして今年、2014年の通常国会でこの法案が成立する可能性が高まってきているんです。

さて、カジノ法案が通った場合、どこにカジノができるのかは、誰もが気になるところ。

実際にカジノ法案が通った場合、まずは2~3箇所の自治体にカジノを作ると言われてます。ですので、今後のカジノ誘致合戦が活発になってくるでしょう。

昔からカジノ誘致に積極的な自治体、最近になって手を挙げた自治体も含め、現時点(2014年2月)でカジノを誘致したい!といっている自治体をまとめました。

東京都

odaiba
Photo:お台場 / 25259860

2000年代初頭に当時の石原慎太郎都知事が東京にカジノを作る構想を掲げ、日本全体でカジノが注目を集めるようになりました。しかし、当時の法律(現在もそうですが)ではカジノを作ることができず、東京にカジノを作る構想は頓挫。

2009年に当時の橋下徹府知事が大阪府にカジノを作る構想について発言したことにより、再びカジノが注目されるようになりました。そして、カジノが合法化された場合、どこにカジノができるのかという時に、まず注目される候補地が東京のお台場です。

東京都はカジノを作ることについては、前都知事の猪瀬直樹氏は前向きでしたが、新しい都知事、舛添要一都知事は「慎重な議論が必要」という賛成とも反対とも立場を明確にしていません。ですので今後、東京がカジノ誘致を進めるのか、それとも誘致しないのか注意して見ていく必要があります。東京がカジノを誘致するしないは、他の自治体のカジノ誘致合戦に少なからず影響することでしょう。

大阪府

osaka
Photo:Osaka Neon- IMG_7124 / jeroen020

2009年に当時の橋下徹府知事が大阪市内のベイエリア再開発の一環としてカジノを検討するという発言し注目を集めました。大阪府は、カジノを誘致することで経済効果、雇用の創出、税収の増加を期待。そして、カジノの収益(税収)を福祉・医療・教育などの財源に充てる考えを示しています。

大阪府は、今年に入りカジノ誘致に向けての動きが活発になってきています。Bloombergの記事によると既に海外のカジノ運営会社数社と協議に入っているそうです。カジノ法案が通った際、有力な候補地の1つになるのは間違いありません。

横浜市

yokohama
Photo:みなとみらい / cozymax

横浜市は、今年の1月にカジノ誘致を目的としたプロジェクトチームを4月に設置し、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す方針を発表。カジノ誘致の目的は、税収不足をカジノの経済効果で税収を増やしたいということ。横浜は、羽田空港からもアクセスがよく、港もあるのでカジノを誘致する場所としては、有力な候補の1つになる可能性は高いです。

千葉県

makuhari
Photo:Makuhari Messe / klam

千葉県は、以前からカジノ誘致について検討していた自治体の1つです。成田空港のある成田市や幕張メッセのある幕張新都心が候補地として考えられています。今年の1月、カジノ誘致を目指し千葉市の企業らで構成する団体がカジノを作るための試案を公表しました。(詳しくは こちらの記事 で)その試案の内容は、約640億円の整備費を投じて、幕張沖に人口浮島(メガフロート)を作り、その上にカジノを建設するということ。

具体的な方法や費用が出されており、カジノ誘致を目指す団体の本気度を感じます。

沖縄県

okinawa
Photo:okinawa / 13844213@N06

沖縄県は、2001年より観光振興の計画にカジノを検討し始め、早い時期からカジノを設置するための視察や調査報告書の作成を行っています。カジノ導入の目的は、観光振興、雇用創出、沖縄県民の所得向上、地域経済の活性化です。沖縄県は、長い時間をかけてカジノ導入を検討しているだけあって、既にカジノリゾートのコンセプトも固まっています。

・海の魅力を活かす

・多様な観光メニューの創出

・地域の個性を活かす

引用:Okinawa Casino Entertaiment

沖縄県は、既に観光地としての魅力もありますが、天候に左右されることのない施設を作ることによって、より観光地としての魅力を高めたいと考えているようです。他の都道府県と比べると失業率もまだまだ高く、沖縄県としても是非ともカジノを誘致したいということで、力を入れています。

北海道

hoakido

現在、北海道では、釧路市、小樽市、苫小牧市といった3市がカジノ誘致に名乗りを上げている状況。この3市の中から1つの市だけを選ぶのかは、今のところわかりません。

現時点でのカジノ誘致へ向けての3市の状況は、釧路市はアイヌ文化や自然景観に配慮したカジノを含む中規模の統合リゾート(IR)を阿寒湖温泉地区を候補として道庁に申請。

小樽市は、札幌から電車で1時間程度で着く好立地でありながら、現在は札幌から近いがゆえに日帰りの観光客が多く、小樽に宿泊する人が少ないのが悩みの種。なので、小樽に宿泊する観光客を増やすためにもカジノを誘致したいと考えています。

苫小牧市は、市内に空港がある優位性を活かし、外国人観光客を取り込みやすくカジノの経済効果が見込めるという点で候補地として名乗りを上げました。

北海道は、外国からの観光客も多いのでカジノを誘致するには、よい候補地でしょう。

長崎県佐世保市

nagasaki
Photo:Kinderdijk2 / jenny_b_lopez

長崎県は佐世保市にあるハウステンボスにカジノを誘致に向けて動いている。ハウステンボスへのカジノ誘致は、旅行会社HISの澤田秀雄会長、地元財界、長崎県と佐世保市が協力しあい進めています。ハウステンボス内の敷地にカジノを建設するということ。既にハウステンボスという施設があり、空港や道路などのインフラは整っているので、カジノを建設する際に、かかる費用が他の自治体よりも少なくなる見通しがあります。これは大きな強みかもしれません。

宮崎県宮崎市

miyazaki
Photo:seagaia / 93591525@N04

宮崎県は、昨年の11月に宮崎県商工会議所連合会がカジノ誘致研究会を設立し、本格的にカジノ誘致へ向けての動きが活発になってきまいます。2012年にセガサミーが「フェニクス・シーガイア・リゾート(以下、シーガイア)」の運営会社を子会社化し、セガサミーの里見治会長がカジノを誘致について発言したことから、県内でのカジノ誘致への動きが生まれました。

シーガイアには、既に展示場やホテル、アミューズメント施設もあるので、統合リゾートとしての形はできあがっています。長崎県のハウステンボス同様に、カジノを建設にかかる費用は少なくなるでしょう。

静岡県熱海市

atami
Photo:P2130349 / allegro

静岡県熱海市は、2002年に「熱海・カジノ誘致協議会」が設立されており、早い時期からカジノ誘致へ向けて動いている自治体です。カジノ誘致の目的は、観光地としての魅力を高め、観光振興と地域経済の活性化を目指しています。

徳島県

tokushima
Photo:All sizes | Untitled | Flickr – Photo Sharing! / rosino

徳島県にカジノ誘致を進めている 日本カジノ健康保養学会 は、ヨーロッパの保養地にあるカジノをモデルに温泉保養地とカジノを一体化させた施設を作ろうと考えています。そして、カジノの収益を健康に取組む事業に還元し、カジノを含めた健康保養システムを構築すること目指すという、他の自治体とは違うカジノを作ることを目指しています。

秋田県

akita
Photo:Namahage Festival / chrissam42

秋田県は、自治体としてのカジノ誘致への動きはありませんが、1996年から民間NPO「イーストベガス推進協議会」が秋田県の深刻な少子高齢化、雇用の減少などの問題を解決させる手立てとしてカジノ誘致活動を行っています。現在は、地元の秋田商工会議所と協力しカジノ誘致活動に力を入れています。

まとめ

今年中にカジノ法案が国会で通過する可能性も高まっていることから、カジノ誘致を目指す自治体の活動も活発になってきます。今後、本格的に日本にカジノができることになると、カジノ誘致に積極的に動いている自治体も、まずは住民の理解を得る必要がでてきます。

日本にカジノをつくることで生まれる4つのプラス効果

カジノをつくることで心配される5つのこと

ただ何となくギャンブルはイヤという感情的な反対ではなく、カジノができることで効果のある点と不安な点を理解して、議論を進めていくことが大切。その議論の末、反対が多く、カジノ誘致に二の足を踏む自治体も出てくるかもしれません。

あわせて読みたい

カジノ誘致を目指し企業、自治体の動向|2014年8月

あなたの街にもカジノ?カジノ誘致に動いている自治体

 - 誘致自治体

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

  関連記事

osaka
カジノ法案、審議入り間近!大阪に売り込みかけるカジノ企業

前回の「カジノ誘致を目指す自治体の最近の動向」を書いた後に、大阪府で多くの動きが …

mgm
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向|2014年9月

いよいよ秋の臨時国会がはじまりました。今会期中にIR推進法案(通称:カジノ法案) …

dice
カジノ誘致を目指す自治体の最近の動向

日本のカジノ合法化に向けて、海外のカジノ運営会社、国内のカジノ市場参入を目指す企 …

By: Kzaral
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向|2015年3月

3月も終わり、いまだカジノ法案(IR推進法案)は国会に提出されていません。3月中 …

By: Bert Kaufmann
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向|2014年12月

12月の衆議院総選挙に伴い、それほどカジノについての企業、自治体の動きは少なく、 …

By: KANEI
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向|2015年7月

通常国会の会期がが延長されるも重要法案中心に国会が運営されているので、IR推進法 …

By: Nullumayulife
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向||2015年9月

第189回の通常国会も閉会し、8月の時点で今国会中にIR推進法案(カジノ法案)の …

By: Luke Ma
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向|2015年1月

1月26日より2015年通常国会がはじまりました。昨年、廃案となったカジノ法案( …

By: Southern Arkansas University
カジノ誘致を目指す企業、自治体の動向||2015年10月

第189回の通常国会も閉会し、IR推進法案(カジノ法案)は臨時国会で審議入りする …

By: Dick Thomas Johnson
カジノを目指す企業、自治体の動向|2015年2月

2015年の通常国会が始まって1か月。カジノ法案(IR推進法案)は、まだ提出され …