カジノル

カジノゲーム、海外のカジノ、日本のカジノ動向をわかりやすく説明

カジノ解禁反対!日弁連のシンポジウムに行ってきた

      2015/04/08

 

2014-09-13 12.35.10-w640-h440-min

9月13日(土)の日本弁護士連合会(日弁連)主催のシンポジウム、「カジノ解禁推進法案について考える」に行ってきました。

カジノ解禁に反対する方々がどのような意見を持ち、どのような観点で反対するのか。シンポジウムの内容と感想を簡単にまとめてみました。

日弁連の見解

日弁連は2014年5月13日に「カジノ推進法案」に反対する意見書を内閣総理大臣宛てに提出。法案の廃案を求めています。

カジノ解禁を推進することへの反対意見として、賭博が引き起こす問題について説明。

  • 犯罪の発生
  • 暴力団等の反社会的勢力の関与
  • 青少年への悪影響
  • 風俗環境の悪化
  • マネーロンダリング
  • ギャンブル依存症の増加
  • 多重債務者が増える懸念

メディアなどで取り上げられるカジノ反対の意見で多く上がるのが「ギャンブル依存症」や「犯罪の発生」ですが、「多重債務者の問題」を上げるのが弁護士らしいと観点だと感じました。

現在は、多重債務者対策によって多重債務者が急激に減ってきているそうです。しかし、カジノができることで多重債務者問題が再び出てくるのでないかと懸念しています。

 

江原(カンウォン)ランド視察

今年の6月に韓国の江原ランド視察調査の報告。江原ランドはカジノを作って失敗した例として、よく取り上げられる場所です。

江原ランドは、韓国にある唯一、韓国の国民が入場できるカジノです(韓国のカジノは基本外国人専用)。ソウルから車で3時間ほどの場所にある元炭鉱町で廃坑となった場所にカジノを含むリゾート施設を建設し地域再生を図りました。しかし、カジノができたことで地域再生するどころか地域が破壊されてしましました。

現在の江原ランド周辺には、質屋や風俗店のようなマッサージ店が沢山あり、環境はお世辞にも良いとは言えない場所です。質屋が多いのは、カジノで勝負するお金を車や腕時計を売って作る人が多いため。江原ランドに車で来て、車を質に入れてカジノで勝負。現金を使い果たし、そのままホームレスになってしまう人が多く問題となっています。

実際に江原ランドには賭博中毒管理センターがあるのですが、賭博中毒(ギャンブル依存症)を防ぐことができていません。それほど、ギャンブル依存症を防ぐことは難しいのでしょう。

 

カジノがもたらす経済効果への疑問

静岡大学の鳥畑与一教授の講演で、カジノ推進派が主張しているカジノがもたらす経済効果について、データを用いて反証を行いました。専門が国際金融論ということで、かなり細かく検証されており、カジノを作ることで生まれる経済の負の側面を説明。

全ての内容は、こちらでは書けませんが(多すぎるため)、一部ご紹介します。

  • カジノは本当に地域経済に貢献するのか?
  • カジノで地域経済は活性化するのか?
  • シンガポールのIR(統合型リゾート)は成功しているのか?

など。

アメリカやオーストラリア、シンガポールの状況から、カジノ推進派が主張する内容への反証をしていました。

日本と環境が違うとか、海外のある特定の事例だからといって無視できる内容ではなかったです。カジノ推進派は、この点を議論するにあたって苦戦するのではないでしょうか。

鳥畑与一教授のカジノがもたらす負の影響については、こちらの書籍(第2章)で読むことができます。

カジノ解禁に反対する立場を表明している団体

カジノ解禁推進法案に反対する団体がシンポジウムに参加していました。こちらにご紹介しておきます。

  • 主婦連合会
  • 日本消費生活アドバイザーコンサルタント協会
  • カジノ誘致反対 横浜連絡会
  • カジノ問題を考える大阪ネットワーク/li>
  • 秋田なまはげの会(秋田クレジット・サラ金・悪徳商法の被害をなくす会)
  • 全国カジノ賭博場設置反対連絡協議会

 

最後に

カジノ解禁を反対する立場の方々の意見を拝聴し、カジノ推進派が唱える経済効果や雇用創出、税収が増えるという良い点のみを鵜呑みにしてカジノ解禁に賛成するのは危険だと感じました。仮にカジノを解禁するにしても、オリンピック開催までに間に合わせるために早急に決めるのでなく、しっかりとした議論を重ね慎重に進めていく必要です。それだけカジノは良くも悪くも大きなインパクトを社会に与えます。

今までのカジノ賛成・反対の議論の主な構図は、

経済効果 VS ギャンブル依存症問題

であり、まったく違う土俵のもので議論をせざる得なかったため議論は平行線でした。

しかし、反対派でもカジノがもたらす影響を経済の視点で議論する材料も揃ってきているので、同じ土俵でカジノ解禁の議論ができるようになってきています。秋の臨時国会で日本に本当にカジノが必要なのか、しっかりとした議論がされることを期待しています。

 

あわせて読みたい

カジノ法案審議開始前に読んでおきたい記事

日本にカジノを作るべきか、もう一度見なおしてみよう

 - カジノについて, 反対

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

ad レクタングルTOP

スポンサーリンク

  関連記事

entrance
日本にカジノを作るべきか、もう一度見なおしてみよう

通常国会が閉会しましたが、会期中にIR推進法案(カジノ法案)もなんとか審議入りを …

crime
カジノで実際におこった犯罪事件簿

日本でカジノを合法化する動きが本格的になり、カジノを作ることに反対する人たちの活 …

marinabey
カジノ法案で出てくるIR(統合型リゾート)って何?

最近、カジノを合法化する動きで、カジノを誘致したいなどのニュースを耳にすることが …

cutcard
覚えておけばニュースがわかる カジノ用語

国会にIR推進法案(通称:カジノ法案)が提出され、最近カジノに関するニュースが増 …

By: Jim G
カジノ合法化の議論を理解するのに役立つ記事まとめ

日本のカジノ合法化へ向けて、カジノのメリット、デメリットやカジノ市場に進出を考え …

IMG_0253
カジノ法案に書かれている内容は、いったいどんなこと?

2013年12月に国会に提出されたIR(統合型リゾート)推進法案(通称カジノ法案 …

roulette-249005_640
カジノのビジネスモデル | 顧客層編

前回、カジノは、沢山のお客さんが来て遊んでくれることが収益を上げる重要なポイント …

By: Jim G
カジノ法案成立が難しい理由

いよいよ1月26日から2015年の通常国会がはじまります。カジノ合法化を目指して …

By: Mark Hardie
カジノのメリット、経済効果の賛否

カジノ合法化を目指す推進派議員がカジノのメリットとして挙げるのが「経済効果」。 …

allin
カジノ合法化を目指してるのは誰?

ここ最近、カジノ解禁に関する記事(主に反対する記事)が多く出てきています。いろい …